子供の身長を伸ばすのに、睡眠と栄養と運動の3つを欠かすことはできません。

 

身長を伸ばすのに栄養は大切なポイント

この中でも栄養は骨の成長を促し、健やかな体を作り上げるものとになるのでとても大切です。また身長が高くなるには、たくさんの栄養素を食べ物か摂らなくてはなりません。また体を作るのには成長ホルモンの働きが必要になります。このホルモンの働きを阻害するような栄養素があるものは避けて食事を摂らなくてはなりません。

丈夫な骨を作るためにはカルシウムが必要です。カルシウムは牛乳や小魚に多く含まれていますが、食品によっても吸収率は10%から50%とかなり差があり、カルシウムは体内に吸収されることなく尿などと一緒に体外へと排出されてしまいます。

カルシウムが豊富な牛乳をはじめとする乳製品や小魚、また小松菜やほうれん草といった緑黄色野菜にも良質なカルシウムが豊富に含まれているので、毎日とる事が必要です。

また骨を作るのと同時に筋肉を作ることも重要です。筋肉はたんぱく質から作られます。

 

アルギニンは身長に重要な成分

筋肉があまりつかない人は太りやすく、成長ホルモンの分泌を妨げてしまうので、適量なたんぱく質が必要になります。そのアミノ酸の中でもたんぱく質の構成をするアルギニンは人の体を作り上げる成長ホルモンの分泌をよくする働きがあります。

人体の中でも合成することはできますが、一日に食品から8g摂取するとよいとされています。たくさん含んでいるのは落花生や大豆、ゴマなど豆類や胡桃、しらすなど主に豆類に主に含まれています。

ミネラルも重要な役割を果たしています。亜鉛はカルシウムに働きかけることで骨の成長を促してくれます。牡蠣やココアなどにも含まれています。またマグネシウムはカルシウムが骨に定着する作用を持っていて、豆腐、海藻類やナッツ類に豊富に含まれています。

たくさんの栄養素を体じゅうに運ぶために、血液が必要になります。血液の主要成分であるヘモグロビンには鉄が使われています。鉄が不足して貧血にならないようにするには、鉄分の補給が必要です。

レバーやブロッコリーなどの野菜に多く含まれています。また身長を伸ばすのにはビタミンB群も必要です。新陳代謝をあげることによって、身長が伸びるように促してくれます。豚肉やうなぎ、またかつお、穀物類には小麦や米にもビタミンBは含まれています。

また果物ではグレープフルーツには水溶性のビタミンBがたくさん含まれています。ビタミンBは体内に入れても尿などと一緒に排出されてしまうので、欠かさず毎日摂ることが重要です。